私の定番レパートリーのレシピ

わたしの晩ごはんレパートリーの紹介。

毎日毎日晩ごはんを決めるのは大変です。子供も小さく「あれが食べたい」と言ってくれないので自分の好みやその日安かった食材を使った晩ごはんになります。

 

よく作る晩ごはんは、『塩ダレ豚』です。旦那が大好きで、2歳の娘も夢中で食べてくれるので気に入ってます。とても簡単にできるところも好きです。簡単なレシピなので紹介します。
豚バラ肉300グラム、塩(小さじ半分)、鶏ガラスープの素(小さじ1)、酒(大さじ1)、お好みで小ネギや玉ねぎを用意してください。

 

まず豚バラ肉に下味をつけておきます。豚バラ肉をビニール袋に入れ、酒と塩を入れ混ぜます。ビニール袋を利用すると洗い物が減るので便利です。次に下味をつけた豚バラ肉をごま油をひいたフライパンに入れます。豚バラ肉の色が変わったら、鶏ガラスープの味を入れ、コショウを少々振ります。まんべんなく混ぜ合わせ、お肉が焼けたらお皿に盛り付けて小ネギをふりかけて完成です。
玉ねぎを入れる場合は、豚バラ肉と一緒に炒めてください。
レモン汁を数滴かけてもサッパリして美味しくいただけます。

 

晩ごはんレパートリーの一つになれば嬉しいです。
他にも簡単レシピはたくさんあり、先ほどのレシピより簡単なのは『ツナピーマン』です。

 

用意するものは、ツナとピーマンと醤油だけなので覚えるのも簡単です。油のひいてないフライパンにツナをオイルごと入れ、加熱します。ツナの色が変わってきたらピーマンを加え、ピーマンがしんなりするまで炒めます。ピーマンがしんなりしてきたら、醤油を小さじ半分入れて完成です。
あっという間にできちゃうのに、とても美味しいのでオススメです。

 

わたしの晩ごはんレパートリー2品紹介させていただきました。

 

簡単で失敗なし!ジャガイモチーズもち

簡単に作れて子供が、喜ぶ晩御飯の一品を紹介します。
その名も「ジャガイモチーズもち」です。
ほとんどの子供が好きなジャガイモとチーズを使います。

 

作り方

1.ジャガイモを適量、皮をむいておろし器ですります。

 

2.すったジャガイモにとろけるチーズを適量入れます。

 

3.小麦粉を大さじ1か2くらい入れます。
(必ず大さじ1か2というわけではないのですが小麦粉はあまり入れすぎるとジャガイモの風味が損なわれるので少なめにしてください。
小麦粉は具材をまとめる役割を果たします。
小麦粉じゃなくても片栗粉、強力粉でも大丈夫です。)

 

4.具材をスプーンなどで軽く混ぜて、フライパンに油またはバターをひいてスプーンの背の部分で薄めに伸ばして形を整えて焼きます。
焼き加減は中火から弱中火くらいです。
きつね色になったらフライ返しなどでひっくり返して両面焼きます。

 

両面焼きあがったらお皿に盛って、できあがです。

 

お好みでマヨネーズやケチャップ、塩などをかけて召しあがりください。

 

チーズを多めにするとカリカリ感が増すのでおすすめです。

 

お酒のおつまみにもピッタリです。
お酒のおつまみにもする際はつける調味料はコショウや柚子胡椒、スイートチリソースもスパイシーになって美味しいです。

 

ジャガイモとチーズ意外にもコーンを入れたり刻みねぎを入れても合います。

 

ほとんど失敗なしで焼くだけで簡単に作れる一品です。

 

スーパーなどで手軽に買えるジャガイモとチーズで作れる「ジャガイモチーズもち」ぜひお試しください。

 

最近、くっつかないフライパンを購入しましたが、本当に食材がくっつかなくて使い勝手が凄く良くなりました。
焦げたりくっつくフライパンで毎日晩ごはんを作るときにイライラしている主婦の皆さんオススメですよ♪