私の定番レパートリーのレシピ

胸肉でもぱさぱさしないお手軽ひと手間

胸肉ってダイエットにもいいし、お財布にも優しいし、使いたいのはやまやまなのですが、どうもぱさぱさしていて使いにくいんですよね。

 

口にしたとたん、あ、胸肉だってわかってしまうんです。どうにか胸肉をおいしく調理できないかな、と探していたらありました。買ってきた胸肉を事前に醤油、料理酒1:1の液に浸しておくだけなのです。簡単ですよね。30分浸すだけでも味も染み込みお肉も柔らかくなりますが、私は買ってきた日にジップロックに胸肉と液を入れて冷蔵庫で一日寝かし、次の日に使うことがほとんどです。

 

そのままただ焼くだけでも十分おいしく食べられるので時間がないときなどにも便利なので私はなるべく切らさないように冷蔵庫にストックしています。

 

それに、料理に使ってもいつものより柔らかく、中まで味がしっかりとついてとても満足できます。これを知ってから、胸肉だけでなく他のお肉も事前に醤油と料理酒の液につけておくようになってしまいました。醤油の味をあまりつけたくなければ料理酒のみでも効果はありますし、少しいつもと違った味付けをしたいと思ったら、醤油、料理酒にからしまたはマスタードを加えてお肉を浸しておいてもおいしいです。

 

食卓に出すとみんなから、何のお肉かを聞かれ、とてもおいしいと絶賛されます。胸肉だと伝えると驚かれるので、この方法を教えています。この方法を知ってからお肉料理が楽しくて仕方ありません。おいしく、安く作れるので大満足です。